2019年3月20日水曜日

社労士試験 勉強法 独学編 について ⑮選択式問題集の選び方(序)

こんばんは、当ブログ管理人のこちゅんです。

前回まで

社労士試験 独学で 今年の本試験に合格する方法

と題して、4回にわたってお話をしてまいりました。


とにかく今年の本試験、受験しようかどうか迷っている!!


これから今年の本試験に向けて勉強を始めても間に合うかな?


5ケ月くらいしかないけど、もし受験勉強を開始するとしたら、どんなスケジュールで

 勉強を進めていったらいい?


などといった疑問に対して、


私の社労士試験や他の資格試験の受験経験を踏まえて、お答えしてきました。


さて、中断しておりました


社労士試験 独学勉強法

 2.教材選び


 について、今日は

 2.問題集

  (2)五肢択一式 実践的問題集

  に続く

  (3)選択式 対策問題集

 のお話をしたいと思います。

 さて、社労士試験には択一式試験選択式試験があるとお話ししましたが、


この選択式試験がクセモノなんです。


試験時間は、択一式試験が、全科目合わせて70問の出題で3時間30分


      選択式試験が、全科目合わせて8問の出題で1時間20分


 この試験時間と、出題数を見ると、


ふ~ん選択式なんて択一式に比べたら楽勝じゃん!

って、、、、、最初はそう思うんです、、、


選択式試験、簡単に言えば 穴埋め問題です。


それも大変ありがたいことに、


「空欄に入る適当な語句として、下記の語群の中から適当なものを選びなさい」


といったような感じで、


たくさんある言葉の中から、空欄に当てはまる言葉を選ぶという問題です。


このような出題は何を意味しているのかと言えば、


下記の語群」の中に必ず答えがあるのです。

まったく「無」の状態から、


自分の記憶をたどって、答えをひねり出すという作業ではなく、


下記の語群」の中から答えを選ぶ。


うーーーん、なんて親切なの? そんなんで試験になるの?


答えが下に書いてあって、そっから選べって?


イェーーーイ 楽勝、楽勝!(←アホ)


って バカな私、こちゅんは 最初 本当に心からそう思いました。


(思いっきり笑ってやってください)


ここからが選択式試験の「沼」との戦いのスタートとなりました。


「沼」、、、それも 「底なし沼!!」


実は私、こちゅんが受験しました6回の社労士試験のうち


平成7~9年の試験において、選択式試験は、当時「記述式試験」と呼ばれ、


穴埋め問題については、純粋に空欄に当てはまる言葉を自分で考えて、


答案用紙に書いていました。(今のような数字を選ぶマーク式試験ではない)


また、労働に関する一般常識においては、労務管理の分野で、


労務管理用語(例えば「マグレガーのX理論とY理論」)について500字以内で述べよ、


といったような簡単な論述式問題も出題されていました。


ですので、イェーーーイ 楽勝、楽勝!(←ドアホ)

って思ったのは、私が受験した6回の試験のうち、


後半の平成21から23年の社労士試験の選択式試験のことです。


というわけで、話が長くなってしまいましたが、


その選択式試験の「底なし沼」対策について、問題集の選び方を中心に、


次回以降にお話ししていきたいと思います。


本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 


社会保険労務士ランキング にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

  クレアール社労士講座
社労士受験業界で話題の「非常識合格法」で効率的に合格が目指せます。

2019年3月17日日曜日

社労士試験 独学で 今年の本試験に合格する方法④

こんにちは、当ブログ管理人のこちゅんです。

さて前回の記事では、社労士試験 独学で 今年の本試験に合格する方法③として


2.実践力養成期間(アウトプット期間)

  5月のゴールデンウィーク明けから、7月いっぱいまで。

のはなしをしました。

そして今回は 

社労士試験 独学で 今年の本試験に合格シリーズ


最終回 ということで

3.最終調整期間

  8月の本試験日当日まで

についてお話ししたいと思います。


この時期は、本試験さながらの最終実践練習期間となります。


さて、この時期になりますと、各受験予備校を中心として、


いろいろな出版社が「直前予想模試」なるものを出しております。


だいたい各社の予想模試は、本試験向け3~4回分の予想問題が収録されています。


これをできれば3冊(本試験予想問題が10回分)購入し、


直前期に集中的に解きます。


本試験と同じ時間設定で、10回分の予想模試を解いてみる。


学生さんですと、ちょうど夏休みの最中だと思いますので、


例えば大学の図書館などにこもって、本試験と同じ時間帯に


予想模試を解いてみるというのも良いと思います。


この「直前予想模試」

やはりものすごい効力、効き目があります。


この私がその効力を肌身をもって実感しました。


平成23年度本試験、私が合格した年の選択式試験 社会保険に関する一般常識の問題で、


某社の「直前予想模試」の問題の中から

そのものズバリの出題がありました。

問題用紙を見た瞬間、いい意味で震えが止まらなかったですね。


もちろん5問全問正解。選択式試験全体の点数アップに貢献しました。


このように、「直前予想模試」は各出版社が、社運をかけて各講師陣、執筆者の方々が


過去の出題を分析し、練りに練った問題を作成されています。


というわけで、早ければ5月から6月ころ、遅くとも7月に入れば、


各出版社の「直前予想模試」が出そろいますので、


本屋に実際に足を運び、すべて手に取って目を通していただき、


これというものを、3冊ピックアップして購入して下さい。


もう直前期なので、解くのは1回で結構です。何度も解くほど時間もありませんので。


しかし、この時点では、どんな悪い出来でも気にせずに、


間違った箇所を中心に、解答の解説を熟読して下さい。


ほんとうにこの作業をするだけで、択一式問題では5~10点はアップします。


最後の最後、本当にしんどい時期になりますが、


なんとか最終ラウンドのゴングが鳴るまであきらめずに


ラストスパートをかけていただきたいと思います。


本日も最後までお読みいただきありがとうございました。


社会保険労務士ランキング にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

  クレアール社労士講座
社労士受験業界で話題の「非常識合格法」で効率的に合格が目指せます。

2019年3月14日木曜日

社労士試験 独学で 今年の本試験に合格する方法③

こんばんは、当ブログ管理人のこちゅんです。


今日は、前回の続きの 

社労士試験 独学で 今年の本試験に合格する方法


2.実践力養成期間(アウトプット期間)

  
についてお話ししたいと思います。


この問題演習期間は、一問一問 問題を解いた後に、


解答の解説を熟読することに一番の力を入れて下さい。


ここは飛ばし読みをするのではなく、それぞれの問題で何が問われているのか、


解答の際に、なぜその選択肢を選んだのか?その解答の根拠は?


た、間違えた場合には、どの部分を なぜ間違えたのか?


どこの部分を勘違いしたのか?なぜそう思ったのか?、、、などなど


2.実践力養成期間(アウトプット期間)での、


これらの繰り返し演習が、本試験に臨む際の、最強の予行演習となります。


本試験では極度の緊張状態の中で、択一式問題70問と向き合うことになります。


社労士試験の受験勉強の中で
一番めんどくさくて、しんどい作業になりますが、


この期間に身に付けた問題対応(処理)能力が、


本試験では抜群の威力を発揮しますので、なんとかめげずに


一冊の問題集を最後まで解きぬいて、それをできれば3回転、


最低でも2回転はしていただきたいと思います。


その際に、気をつけていただきたいことは、


問題を解いた際に、理解があやふやなところや、まったくわからなかった所は、


必ず基本書に戻って、そのわからなかった部分等をチェックして下さい。


そして、ここが最大のポイントです。


ぜひ、問題演習で間違った箇所、理解があやふやだったところなど


基本書に立ち返って確認したところに派手な色(蛍光ペンの黄色オレンジ色


大きくマークを入れて、


さらにその箇所に、あとから見てすぐにわかるように、


付箋を貼っておいてください(これが最強の命綱)

(少し大きめの付箋にして、そこに問題解答の際に自分なり   
 に気づいたことなどをメモしておくともっと最強)


この様なことをなぜするのか?といいますと、


このような作業を何度も何度も繰り返すことにより、


基本書の中で、自分の弱点があぶりだされることになり、


なおかつその


弱点を、本試験直前に短時間でチェックできるという


素晴らしい効果があります。


本試験が近づくにつれ、気持ちばかり焦って、


いったい何に手を付けたらよいのか?という気持ちになり、


さりとて一から基本書を読み直す時間もない。


そんな時に、繰り返し繰り返し問題演習を行ってきた中で、


そのつど分からなかった箇所や、理解が不十分であったところに


先ほどお話ししました、蛍光ペンによるマークを付けをして、


付箋を張り付けた箇所を、直前期の限られた勉強時間の中で


集中的に見直すことができる。(弱点を復習することができる


そのような2.実践力養成期間(アウトプット期間)の地道な作業によって、


直前期の追い込み勉強において、


基本書が本試験対策のための弱点対策ポイント集となって


最後の最後に、最強のバイブルとなってくれます。




社会保険労務士ランキング にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

  クレアール社労士講座
社労士受験業界で話題の「非常識合格法」で効率的に合格が目指せます。